機械を使って草刈りや抜根をするなら安全対策を万全に

放置するほど面倒になる草刈りや抜根は機械にお任せ 放置するほど面倒になる草刈りや抜根は機械にお任せ

機械を使って草刈り・伐採・抜根を行う際の注意点

草刈りや伐採、抜根といった作業を一気に楽にしてくれる機械。とても便利ではありますが、使い方を誤れば危険を伴います。機械を使って庭の手入れをする場合に注意すべきことを確認していきましょう。

草刈り専用の機械を使う時の注意したい事

草刈り専用機械を使うなら安全確認を行う
特に動力がエンジンの草刈り専用機械は、使用中かなり大きな音が出ます。そのため、人が近づいてきても気づきにくいということが言えます。小さなお子様がいるご家庭やペットを飼っているご家庭は、特に注意しましょう。
保護メガネを装着する
草刈り専用機械の刃が、小石などを弾いてしまうことがあります。また、稀に刃が欠けて飛んでくることもあるようです。これらが目に当たってしまっては大変なことになりますので、使用する際は必ず保護メガネを着用してください。
露出は避けるようにする
夏であっても、長袖長ズボンの着用が望ましいです。保護メガネを着用するのと同じ理由で、小石や欠けた刃から身を守るために必要になります。さらに、靴も長靴を履くようにするとよりよいでしょう。人によっては、雑草に触れることでかぶれてしまうことがあるので、そういった意味でも肌の露出は控えた方がいいのです。

伐採・抜根に使う機械を扱う

伐採時に特に注意したいのは木が倒れる方向です。思わぬ方向に倒れてしまえば、大けがをしたり物を破損してしまったりといった事故に繋がります。機械を使用しているとスムーズに作業が進む分、気が付いたときには対処しきれなかったということが多いのです。また、抜根時に注意したいのは、配管・配線が近くにないかという点。機械を使っていると気づきにくいので、事前によく確認しておきましょう。

機械を扱う際は事故にならないように気を付けよう

機械を使用すると、作業はかなりスピーディーに進みます。ですが、その分危険を伴うこともありますので、草刈りや抜根で事故を起こさないよう、事前の安全対策は万全にしておきましょう。

TOPボタン